中国にターゲットを絞った貿易商社です

中国にターゲットを絞った貿易商社です

高校時代に中国から留学生として来ていたRさんとは大学も同じだったことから、よく一緒にお酒を飲みながらお互いに人生観のような事を話しあいました。

将来はビジネスでつながりが持てるような関係になりたいと約束をした事を覚えています。

その後私は大学を出て、貿易の商社に就職しました。

そこで輸出入に関する手続きやノウハウなどを学び確実に身に付けて行きました。

その頃、Rさんは中国で中規模の商業・流通関連の会社に就職していてお互いに夢の実現に向かって経験と勉強を重ねていました。

大学卒業後12年が過ぎ再会した私達は、中国市場をターゲットにした貿易商社を設立する事にしました。

その会社には私が学生・社会人時代に知り合った二人の友人とRさんの親友も加わった5名で始めた小さな貿易会社ですが、やる気と熱意にあふれた会社です。

5人がそれぞれ身に付けたビジネスに関する能力を発揮して責任を果たす事で必ず成功できると信じています。

この会社の一番の強みは、会社設立と共に日本と中国にそれぞれ事務所があるという事でその優位性を活用して頑張りたいと思います。

中国と貿易をする為に設立した食品を扱う商社

友人から会社設立の話を受けました。

私は関西で中堅のスーパーに勤務していて食品のバイヤーをしています。

友人の設立する会社は中国と食品の貿易をする商社で私には日本国内でこだわりの食品を仕入れて中国向けに提案をする事を求められています。

冷静に判断した場合に成功する可能性は少し厳しいように思いましたが、友人からの熱い説得に根負けして協力する事にしました。

幸い、中国語は大学時代に履修していたので、それ程抵抗なく学ぶことができました。

中国の貿易事業に力を注ぐ商社について

貿易商社として立ち上げた会社内で私は主に日本で活動する事になりますが、中国語のマスターは絶対必要条件になるので出来るだけ早く覚えたいと思います。

その上で、今私の持っている「こだわり食品」の情報を整理して提案書を作成すると共に安定的に供給が出来る産地や業者の開拓を進めて行きたいと思います。

いずれは輸出に関する部署も私が管理していく事になるかもしれません。

その為友人にはそのノウハウをレクチャーしてもらい1人で2つ以上の部署を運営できるスキルを身につけたいと思いますが、まずは今できる事を一生懸命して行きたいと考えています。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.